こうたろうの部屋【YouTuber News】

YouTuber(ユーチューバー)の紹介記事や最新ニュースを配信しています。

スポンサードリンク

 9月13日、サッカーのイタリア・セリエA、本田圭佑(右)のACミランは長友佑都のインテルに0─1で敗れた(2015年 ロイター/Giorgio Perottino)

未分類

中国企業の名門ACミラン買収 もしベルルスコーニがミランを売却したら

2016/05/07

ミラン売却交渉中の名誉会長ベルルスコーニ

beru

シルヴィオ・ベルルスコーニ(79)

ベルルスコーニといえば元イタリア首相というのは有名な話ですね。

彼は低迷していたミランの会長に就任し、セリエA3連覇UEFAチャンピオンズリーグでの5度の優勝など輝かしい功績をおさめてきました。

そんな現在ミラン名誉会長であるベルルスコーニは、中国大連万達集団で構成される中国企業にクラブ売却を交渉しているのです(´・ω・`)

どうしてあの名門ミランがこのような状況になっているのでしょうか。

 

ミランのみならずイタリアクラブの財政難問題

 9月13日、サッカーのイタリア・セリエA、本田圭佑(右)のACミランは長友佑都のインテルに0─1で敗れた(2015年 ロイター/Giorgio Perottino)

この問題を語らずして現在のミランの状況も語ることができないでしょう。

現在イタリアのサッカー界は”危機”に立たされているのです。

すごく簡単に説明すると

「クラブにお金がないから強い選手集めれなくて、勝てなくなってきた」

かなり簡単に説明してしまいましたが、要はそういうことです。

現在、イタリアのサッカー界を牽引しているのはフランス代表ポール・ポグバや、アルゼンチン代表パウロ・ディバラ擁するユヴェントスくらいでしょう。

po

(左)ポール・ポグバ(右)パウロ・ディバラ

 


好景気の中国クラブの爆買い

chu

こちらの画像を見てもらうと一目瞭然ですよね。

色々とツッコミどころはありますが、個人的に驚いたのがこの

”中国二部リーグのクラブが移籍投資額世界4位”

ということです。

もちろん一位が中国一部リーグということもかなり驚きですけど、二部のリーグがブンデスリーグやリーガエスパニョーラの移籍金を越えているというのが衝撃です。

例えるなら「欽ちゃん球団が巨人よりも良い選手を獲得している」みたいな感じです。

 

ミランを買おうとしている中国企業とは

その名も「エヴァーグラウンド・リアル・エステート・グループ」です。

なんと、あの爆買いで有名な中国クラブ”広州恒大”所有の中国企業なんです。

kous

中国の資金力半端ないです...。

名門ミランが中国に買収されれば、おそらくこの勢いはミランだけではとどまらないでしょう。

現在も続いている”スタープレーヤーの爆買い”

もしかすると10年後には中国のリーグが世界最高峰になりチャンピオンズリーグにも出場しているかもしれませんね。

 


この記事も”かなり”読まれています

-未分類
-, ,