こうたろうの部屋【YouTuber News】

YouTuber(ユーチューバー)の紹介記事や最新ニュースを配信しています。

スポンサードリンク

ken6

未分類

『ヘイヘイネオ』Ken yokoyama、SiM、銀杏BOYS、クリープハイプ出演の回が神回だった件

 

ヘイヘイネオで普段テレビに出ないカリスマアーティスト特集

2016年5月6日放送されたHEY!HEY!NEO(ヘイヘイネオ)に、普段テレビに出ないカリスマアーティスト特集として人気4バンドが出演しました('Д')

 

出演バンドは以下の通りです。

 

SiM

mmm

 

Vo.MAH

Gt.SHOW-HATE

Ba.SIN

Dr.GODRi

 

クリープハイプ

kuri

Gt&Vo.尾崎世界観

Gt.小川幸慈

Ba.長谷川カオナシ

Dr.小泉拓

 

 

Ken yokoyama

yokoken

Gt&Vo. 横山健

Gt.Hidenori Minami

Ba.Jun Gray

Dr.松浦 英治

 

銀杏BOYS

ginmina

Gt.&Vo 峯田和伸

あとは、味噌汁DJと朝ごはん的な子も出ていました('ω')

 

見ていただいてわかるようになんせ豪華メンツ

 

こんなメンバーが集まるとテレビでのパフォーマンスきっかけに、またロックファンが増えそうですね(´◉◞౪◟◉)

 


ヘイヘイネオ出演順にご紹介

SiM

siml

ライブの感想は圧巻でしたね。

切り込み隊の役割を十二分に果たしてくれたと思います。

SiMはライブで盛り上がる曲を作るのが上手だなぁと感じました('ω')

 

トークではこんな場面も

siml2

生徒会長がメンバーにいるという話題になり、なんせメンバー全員いかついからダウンタウンの二人も

「ほんまにおるんか~?(笑)」

と疑問を抱きながらも、松ちゃんがベースのSINさんを指名。

しかし手を挙げたのはボーカルのMAH。

思わず浜ちゃんが「お前かい(笑)」と言わんばかりのツッコミ(´◉◞౪◟◉)(笑)

 

siml3

生徒会長になった理由は、高校受験をしたくなくて生徒会長になれば内申点がすごく上がるという理由でした(笑)

 

クリープハイプ

kuri

こちらもさすがのライブパフォーマンスでした。

きちんとクリープハイプの演奏を見るのは初めてでしたが、噂通りの独特の世界観で人気の理由が伺えます。

 

トークではこんな場面も

kuri2

トークでは花火に行くという話をしていたのに、ベースのカオナシさんに話を振られると

「温泉ですか?」

と聞き返す天然ぶりで会場を笑わせましたw浜ちゃんも思わずツッコミw

 

Ken yokoyama

ken2

これで地上波出演はミュージックステーションと合わせて二回目ですね。

やはりテレビというメディアへの意識の変化が健さんの現在活動に繋がっているんですね。

個人的にはМステのパフォーマンスより昨日のほうがすきでした。

 

トークではこんな場面も

ken3

健さん独特のあのしゃべりの間に、思わずダウンタウン二人が椅子からすべりおちてました(笑)

思わず浜ちゃんツッコミw(少しひやっとした(笑))

ken4

これにはSiMや他のメンバー陣も・・w

ken5

浜ちゃんおもしろいですね(笑)

松ちゃん曰く、浜ちゃんはとりあえず叩いていい人かわからない場合は叩くそうです(笑)

ken6

浜ちゃんは慌てて謝罪するも健さんツッコミもらえて少しうれしそうでしたw

まぁパンクロック界のカリスマですからねw(この人たちがパンクの定義変えちゃったからなぁw)

 

銀杏BOYS

gin

この曲をはじめて聞きましたが、聞き入ってしまいました。感動しました。

やはり峯田さんの魂は本当にまっすぐで個人的にすごく好きです。

これからも一人ですががんばっていってほしいです。

 

トークではこんな場面も

gin4

ダウンタウンが好きすぎて興奮が抑えられない峯田さん(笑)

 

思わずダブルピースもw

 

そんな峯田さんがダウンタウンが好きすぎて実際にあった過去のストーリーを熱く語っているときのダウンタウンのお二人の表情が非常におもいしろかったですw

gin2 gin3

wwwwwwwwwwwww(´◉◞౪◟◉)

gin5

また、健さんが好きすぎる峯田さんが過去にハイスタのライブにすべて行っていたそうです。

そこで最前列を必死にキープしてずっと見ていたそうです。これが実際の写真。

 




 

ヘイヘイネオまとめ

昨今テレビで感じることのできなかった熱い気持ちになれた回でしたね。

テレビの音楽番組もアイドルや流行ものを推すのも大事ですが、彼らのような熱い気持ちを届けてくれるアーティストをもっと呼んでくれたらいいなと思いました。

この記事も”かなり”読まれています

-未分類
-, , , , , , , , , , ,